小諸城下町アンワイナリー

OUR  STORY

信州小諸の後継者がなく、伐採寸前のりんご畑との出会いが、アンシードルのはじまりです。

初めまして、アンシードルの松村清美です。私は2015年から信州小諸の浅間山麓で、後継者のいないりんご畑をお借りし、家族や友人に協力してもらい、りんごとワインぶどうを栽培しています。

 

私と主人はワインが大好きで、ワインを作ってみたいという思いを抱き始めました。そして、お借りできる畑を探していたところに「父が倒れて栽培が継続できないので、木を伐採する」というりんご畑に出会いました。

 

りんご畑には大きく立派なりんごの木が30本ほどあり、シードル(りんごの発泡酒)が作れる!と思い、息子さんに畑を貸してくださいとお願いしました。現在は私がその畑でそのままりんごを栽培しています。

 

2016年より栽培したりんごを原料に、知り合いのワイナリーにお願いしてシードルを作ってもらい、「アンシードル」として軽井沢・小諸で販売しています。そして2018年12月、小諸の空き家をリノベーションして、「アンワイナリー」(醸造所)を開設し、オリジナルのシードルとワインを作っています。

 

アンワイナリーストーリー by readyfor

OUR  CIDRE  & WINE




OUR  CONCEPT

私たちの会社プラスフォレストは、次世代の人へ、「日本の田園風景や街並みを繋いでいきたい」という思いで、活動しています。

主な活動内容


遊休農地の再利用

遊休農地をお借りして、ワインブドウやりんごを栽培しています。

アンワイナリー

小諸城下町の空き店舗をリノベーションして、小諸産の果樹を原料に、ワインやシードルを作っています。

 

アンワイナリーストーリー by readyfor

 

 

 

空き家の再利用

街の空きスペースが利用されるお手伝いをしています。